体感し、共感するコーヒーショップ fromcoffee インタビュー


ロイバース コーヒーショップ ユーザー

ホームページ:http://fromcoffee.net
Twitter  :https://twitter.com/fromcoffee2
Instagram:https://www.instagram.com/fromcoffeetokyo/
Facebook:https://www.facebook.com/fromcoffee-Tokyo-2154780881309142/

 

ー早速ですが、こちらのお店の特徴ついて教えてください!

立花店長 こちらのお店のコンセプトは、体感し、共感するコーヒーショップということで、お客様に自分で淹れていただくことができるコーヒーショップになっております。もちろんコーヒーにはこだわっておりまして、スペシャリティコーヒーのみを使っております。コーヒーは飲むだけではなく淹れるときから。アロマとか、コーヒーのふくらみとか、いろいろな体験ができるコーヒーショップになっております。

コーヒーに興味のある方はもちろん、あまり興味のない方にも来ていただきたいと思っています。コーヒー通の方はバリスタ体験で自分のスタイルを極めていただいて、本当に好きなコーヒーはどんな味なのか、その工程ではどういう風に淹れたらいいのか、という試行を楽しんでいただけるとうれしいです。通でない方は、バリスタ体験を通してコーヒーに興味を持っていただければ嬉しいとです。

また、コーヒーのブレンドは二種類ありまして、ドリップで使うブレンド、ラテで使うブレンドがあります。あとは、シングルオリジンで、グアテマラ、コスタリカ、ケニア、エチオピアという中南米の二種類とアフリカ系二種類の豆を用意しています。いろいろなバラエティを飲んでいただけるのではないかなと思います。

 

ーお店を開こうとされたきっかけは何だったのでしょうか?

立花店長 このお店を開く前はコカ・コーラで13年間コーヒーの開発をしていました。、その時は缶やペットボトルなど、お店を経由してコーヒーを提供していました。ただ、自分で直にお客様に飲んでいただいた反応を見たいという気持ちになりまして、さらに自分で淹れることもできれば、その日その場所の豆の状況だったり、お客様の好みを聞いて淹れ方を変えることで、味を合わせてさしあげることができると思いました。そういった、一人のお客様に対してきちんと向き合って提供することに魅力を感じて、コカ・コーラを退社し、お店を作ることにしました。

 組織から離れることは、経済面でもそうですが、仕事面でも不安がありました。コカ・コーラ社に居た時は、その一部門のスペシャリストとしていればよかったのですが、独立して一人でやると、経営から宣伝、販売、仕組みづくりなど、他分野にわたってスペシャリストにならないといけないというプレッシャーが強かったですね。今も試行錯誤の途中ですが、優秀なスタッフが入ってくれているので、助け合いながらやっているという感じです。

fromcoffee 名物”coke espresso”の写真

 <Fromcoffeeには、コーク・エスプレッソという、コーラとエスプレッソをコラボさせた商品がある。コカコーラ社にいた経験がある立花店長ならではの商品といえるだろう。>

 

ーいつごろからお店を立ち上げようと思っていらしたんですか?

立花店長 コーヒーショップをやること自体は10年以上前から考えていたんですが、具体的にここのコンセプトが固まったのが1年くらい前になります。もともと味づくりが好きで、官能で味をプロファイリングする訓練をずっとしていました。それでコカ・コーラに入ったということになります。

    

 

ーLoyverseを選んでいただいたきっかけをお教えください!

 立花店長 POSレジについて色々調べていったときに、各社さんのいろいろなものを比較検討したんですが、Loyverseさんのものが一番シンプルで使いやすいと思いました。シンプルゆえに、店舗が今後増えた場合とか、新しい従業員が増えた場合でも、非常に容易に他のお店に展開できるのではないかと思って、選ばさせていただきました。あともう一つは、のちのち海外にも店舗を展開しようと思ってまして、そういったときにLoyverseさんですと、海外でも全く問題なくインフラとして使えると思ってますので、その点で、将来我々と長くお付き合いできるんじゃないかなと思います。

ほかのシステムに比べると、データ上の階層が少ないような感じがして、それがむしろ良いと思います。バックに埋め込んだものを表に出すというわけでもなく、全部が表面に出ているものでやっているという構造が、とてもやりやすいなと思います。

 機能が多くても使いこなせなかったら意味がないですし、多いゆえに、間違いが多くなったりすると思うのですが、シンプルであればそういう事もないので、非常に良いと思います。

 

ほかにも、コストがかからないという大きなメリットもありますし、もしPOSレジ自体を始めたいと考えているのであれば、まずLoyverseさんで試してみて、気に入らなければ他に変えることもできます。初期の費用がかからない、敷居の低さも大きな魅力だと思います。我々は本当に助かっていますので、皆さんも試していただければと思います。

 

 


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。