キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる端末は?


この記事では「キャッシュレス・消費者還元事業」について紹介しております。

キャッシュレス・消費者還元事業とは、
2019年10月1日以降の消費税引き上げに伴い、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する国の補助金事業です。期間は2019年10月から2020年6月までの9か月間です。くわしくはこちら(https://cashless.go.jp/)。

キャッシュレス・消費者還元事業のポイントは主に三つあります。

①加盟店手数料の1/3を国家が負担
この事業により、加盟店手数料を3.25%以下へ引き下げること条件に、国家がその1/3を負担します(一部対象外)。

よって実質の加盟店手数料が2.16%以下になります。

*フランチャイズチェーン店の場合、加盟店手数料の補助はありません。

キャッシュレス還元事業での手数料

 

②キャッシュレス決済時、消費者の負担軽減
2020年6月まではキャッシュレス決済した場合、最大5%がポイント等として消費者に還元されます。10%に消費税が増税してもキャッシュレス決済を用いればそれ以前の消費税8%の時よりも負担が減ります。

(ただし、フランチャイズチェーン店の場合は2%の還元なので、消費税が8%のときよりも安くなることはありません。)

キャッシュレス決済をした場合の割引・還元

 

 

③中小・小規模事業者の負担ゼロで端末導入

以下のページで中小・小規模事業者の対象に該当する事業者に、無償で端末が導入されます。(1/3を決済事業者、2/3を国が補助)くわしくはこちらhttps://cashless.go.jp/assets/doc/gaiyou_cashless_kessai.pdf

*フランチャイズチェーン店の場合、端末の補助はありません。

 

ここで、Loyverseと連携してご利用いただけるキャッシュレス決済端末をご紹介いたします。 

【1】Coiney


Bluetoothで接続する専用端末Coineyターミナルを使った簡単なクレジットカード決済サービスです。タブレットにCoiney専用アプリをダウンロードし、アプリ間でLoyverse POSと連携します。6ブランド(※1)に対応し、初期・月額は無料(※2)、加盟店手数料も3.24%からご利用いただけます。国際セキュリティ基準PCI DSSに完全準拠しており安心してお使いいただける決済サービスのひとつです。
※2 初期費用は指定の条件を達成した場合に限ります。
Coiney対応ブランド:Visa, Mastercard, JCB, American Express, Diners Club, Discover(業種によって異なる)
現在Loyverse POSのiOS版のみに対応しております。Android版には今後対応予定です。
※業種別の取り扱い可能ブランドについてはCoineyサポート窓口までお問い合わせくださいませ。
0120-343-577(平日10:00〜18:00)
support@coiney.com

 

【2】PAYGATE Station


PAYGATE Station はLoyverse POSと併せて、iOSおよびAndroidタブレットで使用できます。磁気クレジットカード、接触ICクレジットカード、タッチ決済(NFC)、QRコード決済に対応したマルチ決済端末です。

※1 電子マネー搭載機能は2019年秋頃リリース予定です。
※2 QRコードの商標は株式会社デンソーウェーブの商標登録です。
※3 PAYGATE Stationは2019年2月にPCI P2PEソリューションプロバイダー認定されております。
※4 Origami搭載機能はは2019年秋頃リリース予定です。
※5 楽天ポイント搭載機能は2019年秋頃リリース予定です。
お問い合わせ
03-6450-8103
japan@loyverse.com

 

これらのキャッシュレス決済端末はLoyversePOSと連携しています。iOS/Android対応で、0円から始められるLoyversePOSをどうぞお試しください!


コメントを残す


コメントは承認され次第、表示されます。